̸μ
本山製茶の歩み
創業大正五年「海野金次郎商店」として創業し、約100年。
その長きに渡り、継いで来た手法と心で、葉、土、水、火にこだわり「本山茶」の本物の味を守り続けてまいりました。

現代までその想いを貫きつつ、さらに独自の設備を整えることで本山茶の持ち味を多くの皆様へ伝えていきたいと考えております。

本山製茶の特徴は、本山茶産地100%ブランド、契約自園農家での栽培、伝統の炭火焙煎技術、規格に基く食品衛生管理体制の構築 となります。

本山茶は、静岡市に流れる安倍川・藁科川の上流域で生産されたお茶で、ミネラル豊富な土と、川霧に包まれた茶の栽培に適した自然環境の中で、大切に栽培されております。

もともとは安倍茶と呼ばれておりましたが、起源は、鎌倉時代に東福寺を開山した聖一国師が、安倍山の足久保に種を蒔いたのがはじまりと伝えられております。

本山茶の歴史
徳川家愛飲の歴史と実績
江戸時代のはじめには、天下統一を果たした将軍徳川家康が、静岡の駿府に立派な城を築き世界各国と交流を行いました。その為、家康の時代の静岡は、江戸と並ぶ政治・経済の中心地として繁栄しておりました。

家康からはじまった江戸時代は、世界史の中でも珍しい250年もの間、戦争がな無い平和な時代でした。家康はお茶を好み、標高1,000mの安倍山の大日峠にお茶を保管させ、春に摘んだ新茶を、秋まで 熟成させ味わったそうです。

この時代の茶会は政治的にも大きな役割があり、お茶は大切に扱われました。家康が亡くなると、大日峠へのお茶の保管は途絶えてしまいましたが、天和元年(1681年)からは、御用茶として徳川幕府に献上される様になり、足久保には幕府の特権を持った御茶小屋が作られました。

そして江戸の町では宇治茶と並ぶブランド茶となり、安倍茶・足久保茶は、武士だけではなく江戸庶民の間でも親しまれる様になりました。
幕末になると、鎖国が解かれ生糸や茶はアメリカに輸出される様になり、静岡各地でお茶の栽培が急激に広がります。そこで大正時代に本来は茶の栽培に適さない後発の茶園で栽培された茶と、元々栽培されていた品質の高い山間地の茶園を区別する為に、本物のお茶と言う意味を込め、安倍茶から本山茶へと名称を変更したそうです。この機会に一味違う香味豊かな本山茶をご賞味下さい。
静岡本山茶にこだわり、契約指定茶専業農家・指定茶協同組合工場と直接取引をさせていただき、本山茶地域のお茶を全国に販売致しております。茶生産履歴及び農薬・施肥等肥培管理についても、指導教育を行っており、お茶の安全について最善の努力を続けております。

「茶園管理〜最終消費者まで」この範囲の中で食の安全生産管理と滋味に関する勉強会を、茶農家・納入業者・社員の全員で取り組んでおります。茶農家とは、勉強会・実践的研修会を行い香り・味・の追求を行っております。

納入業者とは、安心・安全で風味を逃さない資材を追求いたしております。また、社内では、食の安心・安全の為の5S会議で意識の向上・社員全員の健康管理・製造における安全と衛生管理・再確認発送等に取り組んでおります。

創業から現在に至るまで食の安心・安全施策は実施してまいりましたが、これからも継続的な是正をしながら当社の目標である「異物混入ゼロ」「クレームゼロ」を目指してまいります。

食品衛生管理体制
最後に本山製茶㈱が、100年近い製造販売が継続できますことは、お客様のご支援とご協力の賜物と深く感謝し御礼申し上げます。
お知らせ
2016/11/11
店舗
「-両国-江戸NOREN」2016.11.25開業!
粋な江戸の食を堪能「-両国-江戸NOREN」2016.11.25開業いたします!
館内店舗、「両国橋茶房」で本山製茶のお茶や甘味がいただけます。
【煎茶・玉露・ほうじ茶・本山抹茶・ソフトクリーム(抹茶・ほうじ茶)】

公式HP:http://www.jrtk.jp/edonoren/
静岡抹茶研究会 オンラインショッピング